ED薬のステンドラ

ステンドラってどのようなED治療薬なんですか?

新ED治療薬のステンドラをご紹介

そもそもステンドラとは?

ステンドラ」は、アメリカの製薬会社“Vivus”により販売されている、ED(勃起不全症)の症状改善を目的とした経口内服薬です。

このステンドラの服用は性行為のおよそ30分前とされており、効果の即効性については「バイアグラ」より、空腹時に限らず食事と共に服用することが可能な点では「シアリス」よりも優れていると言えます。

ただし、2012年4月にアメリカで認可を受けたばかりで日本では未認可なため、ステンドラの購入に際しては個人輸入を行うか個人輸入代行業者を介する必要があります。

ステンドラの詳しい効果を教えて

ステンドラは「アバナフィル」という物質を主成分としています。

そして、そのアバナフィルには、勃起をするのに必要な陰茎海綿体平滑筋を弛緩させる物質を分解し、陰茎への血流を滞らせることで、性交時に十分な勃起を得られないまたは維持できなくしてしまう体内酵素「PDE-5」の働きを阻害する効果があります。

この作用により、ステンドラを服用することにより、正常な勃起を促すことが可能となるのです。

ステンドラの副作用にはどのようなものがあるの?

ステンドラの副作用としては、主に頭痛・顔面紅潮・鼻づまり・背中の痛みなどが挙げられます。

しかし、これらの症状はアバナフィルの持つ血管拡張作用による場合がほとんどのため、こうした症状が出た場合は薬が正常に効いているという証拠でもあります。ただし、長時間勃起が収まらないプリアピズム(持続勃起症)を副作用として発症する場合も極稀にありますので、痛みのある勃起が6時間以上続く場合は泌尿器科の受診が強く推奨されます。

また、ステンドラのこのような副作用が心配な方は、まずは1日につき最小含有量の50mgから始めると良いでしょう。なお、ステンドラの安価なジェネリック医薬品「アバナフィル」も選択可能です。

HOME

BOOKMARKS